失敗ではありません!

昨年くらいから流行中の
バスク風チーズケーキ作ってみました。



表面が真っ黒で、これって焼きすぎじゃ?焦げてるよ?と
思いますよね?(笑)

でも、これがバスク風チーズケーキの特徴なんです。

スペイン・バスク地方の老舗バルの人気メニューで
そこで提供されているものが
世界中で人気となって広がったもの。

この真っ黒なビジュアルと濃厚な味わいが特徴。

 

焦げてて苦くないの?と思うかもしれませんが
これが意外に苦味はなく、
キャラメルのような香ばしさとコクを感じます。


作り方は案外簡単で、
材料をどんどん混ぜてオーブンで焼くだけ。

ケーキ作りで難しい卵のあわ立てや、
泡をつぶさずに・・・って気をつかって
混ぜる必要もなし!

SNSで写真をUPしたらレシピ教えて欲しいとの
お声をいただいたので、ここに記載しておきます。

「バスク風チーズケーキ」

材料:直径18cm型 1台分

クリームチーズ   500g
グラニュー糖    200g
卵         4個
小麦粉       大さじ2
生クリーム     100cc

作り方
1、クリームチーズを室温に戻し、柔らかくしておく。
(時間がない場合は、電子レンジ500wで様子を見ながら2分程度加熱)

2、ボールに柔らかくなったクリームチーズを入れ、
     グラニュー糖を加え泡だて器でざっと混ざったら、
     卵を加え均一になるまで、よく混ぜる。

3、2に小麦粉を振るい入れ、均一になるまで混ぜる。

4、3に生クリーム加え混ぜる。

5、ケーキ型の内側にクッキングシートを敷き、
      4の生地を流しいれる。

6、230度に余熱をかけておいたオーブンで30~45分、
  表面が黒っぽくなるまで焼く。

7、オーブンから出し、粗熱取れたら、
   型から外しラップで包み、冷蔵庫で最低一晩寝かす。

 

※今回はクリームチーズが足りなかったので、
 水切りヨーグルトを混ぜたので、あっさり仕上がりました。

※本場では、クリームチーズを数種類混ぜて使用するということで、
 2~3種類のメーカーのものを混ぜると美味しく出来上がります。

※15cm型で作るときは、すべての材料を半量でちょうどよくなります。

※作りたてよりも、最低一晩は冷蔵庫で寝かした方が美味しいです。
 2~3日おいた方が美味しいと感じました。
 私は大きめの18cm型で焼いて、少しずつ食べていくのがお気に入り。

※クリームチーズのメーカーで生地を混ぜたときにクリームチーズが
 小さくつぶつぶと残ってしまう場合があります。
 その時は型に流しいれる前に、一度ザルで漉すと滑らかに仕上がります。

 

ほんとに、混ぜるだけで簡単なので是非試してみてくださいね!

作ったら感想も聞かせてください!